〈 ふるさと再生 日本の昔ばなし 〉

  こどもたちの未来のために今だからこそ伝えたい、私たちの住む日本の昔ばなし。

ふるさとの地域に根付いた民話や昔話を描く、決定版「昔ばなし」セレクション、各9話収録。


                  
今、アニメにできることは何か、
      日本のアニメを支える作家の1人1人が考え、表現し、伝えてゆきます。

お子様&ご家族へ、心を育む豊かな時間のプレゼント!

英語教材・絵本・物語・ビデオをはじめ乳児期から高校生までの特長が異なる教材を、ママ・パパ必見のハピネス スクール

1. 一足千里のわらじ
 元気な三人の兄弟は、山へ山菜採りに行くが、母親とはぐれてしまう。山で迷子になってしまった三兄弟は、雨が降り出すと一軒家を見つけ、そこで雨宿りをさせてもらおうとする。

2. 山伏と白い狼
 峠を越そうとした一人の山伏。すっかり夜になってしまい、仕方なく木の上で一夜を明かそうとすると、
 どこからともなく一匹、また一匹と狼が…。追い詰められた山伏の運命は?


3. 月日のたつのは早い
 お月さんは日照りに苦しむ人々を案じて痩せてしまい、お日さまに叱られた雷どんはあちこちで雨を降らせ、もうくたくた。そこで三人は、下界の温泉宿で骨休めすることに。

4. 七羽の白鳥
 母を亡くした七人の兄弟と幼い妹の家に継母が来た。その継母の正体は恐ろしい魔物の化身で、兄たちを白鳥に変えてしまう。ある日、消えた兄たちの帰りを待つ妹のもとに…。

5. 謎の恋歌
 湯治場に来た若者は、そこで出逢った娘に一目ぼれするが、娘は謎めいた歌を残し、湯治場を去って行った。若者はその謎を解きながら、娘の行く先を探り当てる。

ふるさと再生 日本の昔ばなし「一足千里のわらじ」

6. 天の邪鬼とわらし
 天の邪鬼の老人は、相手の言うことに逆らい、反対のことを言っては村人を困らせていた。
 そこで、知恵の回る子どもが一矢報いてやろうとする。二人の知恵くらべの結末は?

7. あとかくしの雪
 一人暮らしの婆さんは、旅の坊さんを快く泊めるが、貧しくて炊く米もない。
 すると坊さんは、隣の家の稲穂を取ってくるように言う。あぜ道についた足跡は消すと言われて…。

8. 三つの謎かけ
 病気の母を助けようと、幼いせがれが酒屋の奉公人となる。
 ある日、酒屋の主が奉公人たちに三つの謎かけをし、それを解いた者に店を継がせると言う。そしてその夜…。

9. こおった声
 雪に閉じ込められても話ができるよう、互いの屋根の下を竹の筒でつなぐ二人の男。
 家に一人きりでも互いの様子を話し、元気に過ごしていたが、そのうち返事が来なくなる。

6. そら豆とわらと炭
 お婆さんの台所から、そら豆とわらと炭が、ころころと庭に転がっていった。
 三人はいっしょに伊勢参りに出かけることにしたが、目の前に大きな川が。さて、どうやって渡る?

7. 味噌買い橋
 心優しい炭焼きの男が、味噌買い橋で良い話を聞くという夢を見る。
 橋の上で待っていると、男の小屋の庭に宝が埋まっている夢を見たと、味噌屋の主人に教えられるが…。

8. 猫檀家
 掛けておいた和尚さんの袈裟が、朝になると下に落ちている。
 不思議に思った和尚さんが夜中に見張っていると、なんと、猫が袈裟を着てどこかへ出かけて行くではないか…!

9. 鳥呑み爺さん
 餅に足を取られた一羽のヤマガラ。餅を取ってやろうとしたお爺さんは、うっかりヤマガラを飲みこんでしまう。
 すると、おへそから羽根が生え、引っ張るときれいな鳥の声がする。

ふるさと再生 日本の昔ばなし「町のねずみと田舎のねずみ」

6. 尻尾の釣り
 魚獲りが上手なカワウソのところにやってくるキツネ。いつも魚をご馳走になるばかりで、ちっともカワウソにはご馳走してくれない。
 そこでカワウソが考えた手とは?

7. 天福地福
 天から金瓶(かねがめ)を授かる初夢を見た正直爺さん。ある日、畑で瓶を見つけるが、地福だと言って埋め戻してしまう。
 それを聞いた隣の爺さんが、夜中にこっそり堀りに行く。

8. 菜飯八兵衛
 貧乏で菜飯ばかり食べている八兵衛さん。菜飯を食うのがイヤで包丁を隠すが、その日に限って婆さんが魚をもらってきた。
 仕方なく占いのマネをして包丁のありかを当て…。

9. 茗荷女房
 客の寄り付かない峠の宿屋に、たんまり金を持った客がやってくる。
 抜け目ない主夫婦は、物忘れの激しくなる茗荷を客に食べさせ、財布のことを忘れさせようと企む。

1. 桃太郎
 ある日、婆さんが川で洗濯をしていると、川上から大きな桃が流れてきた。
 持ち帰って割ってみると、なんと、中から元気な男の子が生まれた!
 子のない婆さんと爺さんはとても喜んで、男の子に桃太郎と名付けて大切に育てた。


2. はちかつぎ姫
 いつも頭に大きな鉢をかぶった“はちかつぎ姫”は、継母に憎まれ、家を追い出されてしまうが、
 やがて立派な若君と出会い、お屋敷で働くことに。そして鉢の中から…。


3. 十二支のはなし
 神様はこの世を治めるために暦を作り、それを動物たちに守らせようと考えた。
 動物たちは我こそはと元旦に神様の御殿を目指すが、猫はねずみに嘘を教えられてしまう!


4. いくさはやめた
 大国の使者が、小国に三つの難題を持ってやって来た。それは、戦を始める口実だった。
 小国の殿さまは智恵者を探し、難題は見事に解かれたが、大国の殿さまは…。


5. 大蛇と狩人
 猪を追って偶然に迷い込んだ竜神の谷で、狩人は大蛇に遭遇し、これを倒す。
 後にこの大蛇の幽霊から、あの夜、大蛇は神聖な谷に卵を産みに来ていたのだと聞かされる。



1. 大江山の鬼退治
 その昔、京の都では、鬼の大将・酒呑童子が悪業の限りをつくしていた。心を痛めた帝は、源頼光という名高い武将に鬼退治の命を下した。しかし、相手は不思議な技を使うという鬼の大将。果たして、頼光は酒呑童子を退治できるのか?

2. 小僧とネコの絵
 修行そっちのけで絵ばかり描いている小僧さんが、和尚さんに怒られ、寺を出る。
 山の中に荒れ寺を見つけ、そこで絵を描く小僧さんだったが、そこは化け物のすみかだった。


3. 貧乏神
 貧しいお爺さんが年越しのために糸玉を売りに行くが、全く売れず、仕方なく炭と取り替えっこして帰る。年越しの夜、炭をかんかん焚いていると…。

4. 馬方山姥
 町の市で良い馬を買った馬方は、馬飼いの神様にお供えをしようと鯖を買い、家路を急いでいた。
 そこへ恐ろしい山姥があらわれ、「鯖を喰わせろ、馬を喰わせろ」とせがむ。


5. えびのお伊勢参り
 この世でいちばん大きな蛙がお伊勢参りに旅立つが、自分より大きな大蛇に会い、上には上がいるものだと知る。大蛇もまた、自分より大きな大鷲に出会う。そして大鷲は…。

1. 因幡の白兎
 因幡の隠岐の島に住んでいた白兎。ワニザメを騙して海を渡ろうとするが、嘘がばれて皮を剥がれてしまう。兎が浜で泣いていると大勢の神様が通りかかり、体を海水で洗って日に乾かせば治ると教えられたが、兎の体は酷くなるばかり。

2. 嫁の坊主頭
 仲良し三人組の男たちが富士登山の旅に出た。「途中、誰がイタズラをしてもおとがめなし」という約束だ。 ある夜、酔って寝てしまった一人の男が、頭を坊主にされてしまった!

3. 三枚のお札
 山に栗拾いに出かけた小僧さん。夢中になって栗を拾っているうちに夜になり、鬼婆につかまってしまう。小僧は和尚さんにもらった三枚のお札のうちの一枚を使って逃げ出すが…。

4. 炭焼き長者
 上質の炭を焼くと評判の五郎は、稼いだ金を人のために使うので貧乏だった。
 ある日、近所の長者が貯め込んだ大判小判たちは、誰かに使ってほしくて五郎の家へ逃げて行く。


5. 金のなる木
 殿さまの宴席で、うっかり屁をしてしまったお腹の大きな奥方。怒った殿さまは、奥方を城から追い出してしまう。 やがて生まれた男の子は成長し、父が誰かを知り…。


ふるさと再生 日本の昔ばなし「因幡の白兎」

6. 鼻高扇
 長者の娘と夫婦になりたくて願掛けをした貧乏な若者が、神様から不思議な金と銀の扇を授かる。
 男は扇の力でまんまと夫婦になるが、扇の力には予想もしない落とし穴が!

7. たわらの藤太
 弓矢の名手とうたわれた藤原藤太は、その勇気を見こまれ、龍神から「オオムカデを退治してくれ」と頼まれる。
 あらわれたオオムカデに、藤太はひるまずきりりと弓を引き絞る。

8. 狐のお産
 ある村に、患者を患者とも思わない困った医者がいた。
 ある夜、難産に苦しむ娘を助けてほしいと頼まれ、医者は大きな屋敷に出向くが、そこにいたのは狐の一家だった…。

9. 取っつく引っつく
 山で暮らす三人の兄弟。森でこがね色の化け物と遭遇し、何とか退治しようとするが怖くて近寄れない。
 そして化け物は、一郎の背中に引っついて家まで付いて来た!

1. 鶴の恩返し
 炭焼きの若者が、道で売られていた鶴を哀れに思い、金を払って逃がしてやる。その夜、吹雪で歩けなくなった旅の女が、若者の家を訪ね、一夜の宿を求めた。若者は女を泊めてやり、二人はやがて夫婦になる。

2. 宝ひょうたん
 信心深い爺さんが観音さまから不思議なひょうたんを授かる。 中からあらわれた二人の少年は、ひょうたんが爺さんの願いを叶えてくれると言うが、欲深い男がこれに目をつけ…。

3. 若返りの水
 山奥に暮らす爺さんは、罠から助けた兎に秘密の湧き水へ案内され、その水を飲んだ爺さんの体が若返る。 一緒に暮らす婆さんも若返りたいと、あびるように水を飲むが…。

4. 猫女房
 長者の家を追い出された飼い猫が、隣の貧乏な若者に拾われ、優しくされる。
 その若者に恩返しがしたいと、猫はお伊勢さまにお願いして人間にしてもらうと言い、旅に出る。


5. ごんぞう虫
 しじみ売りの少年太郎は、神様から授かった宝の下駄のご利益で母の病気を治す。 その下駄を横取りした伯父の権造は、欲に目がくらみ…。

ふるさと再生 日本の昔ばなし「鶴の恩返し」

    教育って?    プレママ期     0〜1歳頃    1歳頃〜   ママの部屋 小学生・フラッシュDVD
    2歳頃〜    3歳頃〜    4歳頃〜    5歳頃〜    幼児の部屋 秀逸フラッシュプログラム

1. ヤマタノオロチ
 高天原から追放されたスサノオノミコトは、やがて、くしなだ姫という名の姫を見初める。しかし、くしなだ姫は、『ヤマタノオロチ』という頭が八つ・尾も八つあるという恐ろしい大蛇に命を狙われていた。

スサノオノミコトは「よろしい、私がその大蛇を退治してみせましょう」と言うと、くしなだ姫を櫛の姿に変えて自分の髪にさし、ヤマタノオロチがあらわれるのを待つのだった。そして、ついにヤマタノオロチがあらわれた―。


2. サトリ女と桶屋
 山の麓で桶屋を営む男は、将棋好きで何十手も先を読むのが得意だった。ある日、男の店に、妖怪『サトリ女』があらわれる。男はサトリ女が自分を取って食おうとしていることを見抜くが、サトリ女は男が思ったことを知ることができた。

男が、何とかしてサトリ女を退治してやろうと思っても、次から次へと手の内を読まれてしまう。何も考えまいと思っても、浮かぶ考えはどうにも抑えられない。その時、誰にも予想できない事が起こる。


3. 匂いのお返し
 けちんぼの野菜売りの男がいた。昼時になると鰻屋の窓の下に来て、匂いをおかずに飯だけの弁当を食べる。鰻屋の店主は、男に匂いの代金を請求するが、男は「そら、匂いのお代は銭の音で払ったぞ」と、小銭を振ってみせた。そのうち鰻屋の店主は、遠方からも客が来ていることに気づく。


ふるさと再生 日本の昔ばなし「笠地蔵」

DISK-6 ふるさと再生 日本の昔ばなし「笠地蔵」 (本編約69分収録)

1. 町のねずみと田舎のねずみ
 田舎でのんびりと暮らしていた若者ねずみは、商人ねずみから町の話を聞いて、すっかり町に憧れてしまう。そこで若者ねずみは、町で暮らす叔父さんを訪ねて行くことにした。

2. おしらさま
 仲よく育った長者の娘と仔馬。しかし、大きくなり娘と引き離された馬は、売られていく途中で海に身をなげる。娘は悲しみのあまり、機織り小屋に閉じこもってしまい…。

3. うさぎとカメ
 足が速いのが自慢のうさぎは競争しようとうるさいが、負けが分かっている競争には誰も出ようとしない。
 そこで、猿の長老がうさぎの競争相手に選んだのは、カメだった!


4. 蛇息子
 子のない夫婦が、竜神さまに願をかけてやっと授かったのは蛇の子どもだった。
 夫婦は「竜神さまの申し子だ」と喜んで育てたが、子どもはやがて大蛇になり、別れの時がくる。


5. カッパとわらぞうり
 決して足袋を脱ごうとしない美しい女房の正体は、自分の足でどこへでも歩いていける人間にあこがれたカッパ正体を知られた女房は、夫と子どもを残して姿を消すのだが…。


DISK-5 ふるさと再生 日本の昔ばなし「町のねずみと田舎のねずみ」 (本編約69分収録)

ふるさと再生 日本の昔ばなし「大江山の鬼退治」

DISK-2 ふるさと再生 日本の昔ばなし「因幡の白兎」 (本編約69分収録)

4. 闇を裂く雄叫び
 年老いて身体も利かなくなった農家の犬は、飼い主が自分を捨てる相談をしているのを聞いてしまい、顔見知りの狼に相談に行く。
 狼は農家の赤ん坊をさらう振りをして、犬に守らせる。
 飼い主は喜んで犬を飼い続けることにするが、狼は犬に「助けた代わりに、農家の鶏を差し出せ」と言い…。

5. タコほねなし
 お腹に赤ちゃんができた竜宮城のお姫さま。なんと、猿の生き肝を食べたいと言い出した!
 そこで、カメが猿のもとに送りこまれ、ごちそうをするからと言葉巧みに猿を竜宮城へ連れて来た。
 ところが、門番のタコがうっかり猿に本当のことを話してしまう。それを聞いた猿は…。

6. 元犬
 シロは、まじりけのない真っ白な野良犬。「白い犬は人間に生まれ変わる」と言われ、どうせなら生きてるうちにと思い始めた。
 そして八幡さまに裸足参りをし続ける。満願の日、くらくらっと倒れたシロは、目が覚めると人間の姿になっていた。
 さて、人間になった元犬の暮らしぶりはいかに?

1. 笠地蔵
 ある年の大晦日、貧しい男は女房が作った麻を売りに出かけるが、いっこうに麻は売れず、五つの笠と取り換えて帰ることに。その帰り道、雪の中に立つ地蔵さまを見た男は「笠が要るのは地蔵さまだ」と、自分がかぶっていた手拭いもあわせて地蔵さまにかぶせてあげた。

2. 塩ふき臼
 年を越す米もない貧しい弟。兄にも援助を断られ、あてもなく歩いていると、一人の老人に出会う。
 弟は老人の言うとおりにお堂の裏の小人を助け、お礼に石の挽き臼をもらい…。


3. 大年(おおとし)の客
 大晦日に旅人を泊め、温かくもてなす貧しい家族。それ以来、幸運が舞い込み、貧しい家は豊かになっていった。それを知った隣の長者は、同じことをしようと旅人を待ちかまえる。

4. 風の神と子供たち
 遊んでいる子供たちの前に、一人の小僧があらわれた。 小僧に言われたとおり、地面に伸びた長い着物の裾に乗ってみると、子供たちは小僧と共に空に舞い上がった!

5. 漆の兄弟
 漆塗りの器を作る職人の兄弟が川の淵で質の良い漆だまりを見つけ、商売が上向く。
 漆を独り占めしようとした弟は、淵に木彫りの竜を沈め、兄が近づけないようにしてしまう。



ふるさと再生 日本の昔ばなし「桃太郎」

DISK-4 ふるさと再生 日本の昔ばなし「桃太郎」 (本編約69分収録)

DISK-3 ふるさと再生 日本の昔ばなし「大江山の鬼退治」 (本編約69分収録)

6. お坊さんの手ぬぐい
 長者の家に奉公に来ていた娘は、器量は悪いが気立てが良かった。
 娘は、親切にした旅のお坊さんから手ぬぐいをもらうが、その手ぬぐいで洗った娘の顔が日に日に美しくなる。

7. 三人の兄弟
 大繁盛の酒屋の主人が、三人の兄弟に百両を持たせ旅に出す。
 三か月後、百両の元手をいちばん増やした者を跡取りにしようというのだ。果たして跡を継ぐのは誰なのか?

8. 狼の眉毛
 若者は荒野で出会った狼から人が真人間かどうかを見抜く不思議な「狼の眉毛」を手に入れる。
 その眉毛を通して見るとこの世には真人間が少ないことが分かったが…。

9. どっこいしょ
 嫁さんの里で、ぼたもちを振る舞われた婿さん。家でも作ってもらおうと、「ぼたもち、ぼたもち」と言いながら帰っていく。
 ところが草のわなに転び、「どっこいしょ」と起き上がって…。

DISK-1 ふるさと再生 日本の昔ばなし「鶴の恩返し」 (本編約69分収録)

ふるさと再生 日本の昔ばなし DVD BOX 下巻/8枚組 の ご購入

DISK-8 ふるさと再生 日本の昔ばなし「ヤマタノオロチ」 (本編約46分収録)

6. なんの病
 とある医者のもとに奇妙な患者がやって来て、誤って防火用の天水桶の水と一緒に大量のボウフラを飲んでしまったという。
 「それは、ボウフラの病じゃな」と見立てる医者に、男は…。

7. 山梨とり
 親思いの三兄弟が、母親の病気に効くという山奥の木になる山梨を取りに行くが、
 沼の化け物に襲われ、長男も次男も飲み込まれてしまう。最後の希望は三男に託された!

8. 一軒家の婆さん
 買い物に出かけた重兵衛は、狐を驚かせて淵に落としてしまう。
 帰り道、暗くなったので松明を借りようと、とある一軒家に立ち寄る。そこにはお婆さんが一人で暮らしていた。

9. ムカデの医者むかえ
 森の奥で虫の子たちが遊んでいるところに、ナナフシが木から落っこちて泣き出した。
 いちばん足の速い者が医者を迎えに行かねばと、足の数が多いムカデが選ばれるのだが…。

ふるさと再生 日本の昔ばなし
 
DVD BOX 下巻 /8枚組 詳細

ふるさと再生 日本の昔ばなし DVD BOX 上巻

ふるさと再生 日本の昔ばなし DVD BOX 下巻


2013年作品 本編約529分収録 片面1層,チャプター有,メニュー画面
カラー/16:9LB 音声 ステレオ/ドルビーデジタル
 
全DISK ぬりえ付き

価格 : 17,850円 (税・送料込)


    
ふるさと再生 日本の昔話 DVD BOX 下巻 を セット

ふるさと再生 日本の昔ばなしDVD BOX 上巻 /9枚組 詳細 & ご購入へ

ふるさと再生 日本の昔ばなし「大江山の鬼退治」

6. 「お」は難しい
 男まさりで言葉遣いの乱暴な娘が隣村へ嫁いだ。母親の言いつけを守り、婚家では何にでも「お」をつけて話す娘。
 普通の言葉遣いでいいからと言われ、安堵したのだが…。

7. 尻鳴りべら
 さびれた神社の神主さんに、神様は不思議なへらを与える。
 そのへらで暴れ馬のお尻をひと撫でするや、お囃子が鳴りだした!そして、馬の次に神主さんの目に留まったのは…。

8. 涙を流した鬼の面
 大工の嫁は信心深い人だったが、ヤキモチやきの姑は嫁に意地悪をした。
 仏さまを拝みに出かけた嫁を、姑は鬼の面で脅かそうとするが、嫁の優しい心根に触れて涙を流す。

9. 星の火
 消えてしまった囲炉裏の火の代わりに、夜空に輝く星を落とそうとする兄弟。
 しかし、屋根に上がっても木に登っても、星には届かない。次に登った山の頂で二人が見たものは?

DISK-7 ふるさと再生 日本の昔ばなし「一足千里のわらじ」 (本編約69分収録)

      ふるさと再生
日本の昔ばなし DVD BOX 上巻

      ふるさと再生
日本の昔ばなし DVD BOX 下巻

       (お問い合わせ)

   京都市伏見区淀本町224−7
       (有) ハピネス

   E-mail : 1happy@big.or.jp
   フリーダイヤル: 0120-085017(親子はい〜な) 
   FAX : 075-632-5608

    訪問販売法に基づく表示/会社概要

【語り】柄本明、松金よね子

【オープニングテーマ】「一人のキミが生まれたとさ」 歌:中川翔子(Sony Music Records)
【エンディングテーマ】「あるこう」 歌:中川翔子(Sony Music Records)

 (STAFF)

企画:沼田かずみ  監修:中田実紀雄  音楽監督:後藤慶一、後藤加寿子
音楽制作:ピーターパン・クリエイション 音楽協力:テレビ東京ミュージック
音響監督:沼田心之介 音響制作・アニメーション制作:トマソン

録音:佐々木彰  音響効果:横山正和  音響スタジオ:オムニバス・ジャパン
編集:新見元希(REAL-T)  アシスタントプロデューサー:沼田友之介

制作デスク:雄谷将仁  プロデューサー:小山佑介(テレビ東京)、藤田健
監督:鈴木卓夫  製作・著作:テレビ東京、博報堂、トマソン

  幼児の部屋    小学生の部屋   中学生の部屋   高校生の部屋    ママの部屋


2013年作品 本編約529分収録 片面1層,チャプター有,メニュー画面
カラー/16:9LB 音声 ステレオ/ドルビーデジタル
 
全DISK ぬりえ付き